きなこのゆるゆる養生日記

胃弱な主婦の養生記録~健康的に太りたい、虚弱主婦の日々の記録~

体調めちゃくちゃだったこの1年間

 こんにちは、きなこです。

 

 今日は、この1年間(休職・退職中)の体調について記録しておこうと思いました。

 

 主に、女性ホルモン、胃腸虚弱、自律神経失調症についての内容になりますので、もし、同じようなことで悩んでいる方がいたら、「こんな人もいるんだなぁ。」と思ってくださればうれしいです。

 

 また、今後再開したいと思っているグルテンフリーのことにも関わってくるかなぁと思い、一度これまでの体調をまとめておこうと思いました。

 

 

 最初に書いておきますが、自分のための記録みたいになってしまったので、あまりおもしろくないと思います(>_<)

 

 

 

 

①2021年8月~10月

 ・相変わらず胃もたれや膨満感で食事や水分が思うようにとれない状態。

  以前の人間ドックや胃カメラでは、胃が少し荒れているくらいだった。

 

 ・PMS(生理前の身体書状)特に吐き気やだるさが強かったので、婦人科へ。

  血液検査の結果「更年期」と同じ結果が出る。

 

 ・まだ、少し早い(41歳)けど「更年期の疑い」ということで、更年期治療開始。

  下腹部にパッチ(シール)の薬を貼る治療を1ヶ月続ける。

  その期間だらだらと不正出血が続く。

 

 ・1か月後の診察で、「体調にあまり変化がない」と話したところ、医師から「やっぱり更年期じゃなかったね。」(?)と言われ、「胃の症状があるなら胃腸科でも診てもらったほうがいい。」と言われ、総合病院の婦人科を紹介してもらう。

 

 ・総合病院の婦人科では、PMSで困っているなら、ピルを服用しよう。」となり、低用量ピルの服用開始

  説明書を読むと『3か月くらいは副作用が出る』ということ。

  実際、飲み始めた日から副作用の吐き気で夜眠れない。昼間は食欲がない。

  緩やかな副作用ということだったが、長期間はなかなか辛くて、体重減少。

 

 ・1か月半後の診察で、「体重が少なすぎるから、一旦中止しよう。」ということに。

 

 

②2021年11月~2022年5月

 ・いつもの心療内科のみ通い、様子を見る。

 

 ・更年期用のパッチと低用量ピルで、長期間生理が止まっていたが、2月末に再開。

 

 ・生理再開後、これまでとは違う症状が出る。生理前より、生理中、生理後、排卵日前後の体調不良がひどくなり、生理期間や生理周期も乱れて、体調ボロボロ( ;∀;)

 

 ・春、季節の変わり目でも体調が不安定に。

 

 

③2022年6月~8月

 ・漢方目線での冷え対策をして梅雨を乗り切り、夏は暑さで陽気(冷え症には大切なエネルギー)を養うことができ、8月は久しぶりに元気に過ごせた。

 

 

④2022年9月

 ・季節の変わり目のせいか、体調最悪

  夏にはりきりすぎた疲れもあるかもしれない。

 

 ・今までやってきた体調管理の努力が報われてないと感じて、自暴自棄になる。

 

 ・小麦、乳製品、冷たい物、甘い物を控えめにしていたが、どうでもよくなり好きなだけ食べるようになる。

 

⑤2022年10月

 ・自分の体調を変えるために自分の意識をまた前向きにしたいと思い、ブログを始める。ちょっとずつ健康への意識も上向きになり、気候もよく体調も安定する日が増えた。

 

 

 心療内科の担当医のお話では、「今までも、良くなったり悪くなったり、波があるから、あまりはりきりすぎないでね。」と言われています。でも、体調が良くなると、やっぱりうれしいです☆

 

 

 

☆まとめ☆

 仕事の疲れも残っていたと思いますが、やはり女性ホルモンのバランスがぐちゃぐちゃになったことが、一番辛かったです…。身体には堪えました(T_T)

 

 今、更年期やPMS、生理痛などで悩まれている方、本当に辛いと思います。なんとか少しでも軽くなる方法があるといいですよね。

 

 

 一緒に探していきましょう(*^^*)

 

 

 私も、いろいろと試してみようと思います。トライ&エラーの繰り返しで、自分に合った健康法が見つかるといいなと思っています。 

 

 

 

 

 最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございました!<(_ _)>